【中学生でもわかる】ビットコインとは!?なぜこんなにも値上がりしているのか、わかりやすく解説!!

こうよう
ビットコインてなに!!教えて!!
やっしー
はーい!誰でもわかるように解説していきます〜

ビットコインって聞いたことありますか?

2017年はビットコインバブルと言われ、この1年間で1ビットコインの価格が27倍まで膨れ上がりました。

僕はまだ中学生でスマホすら持っていなかったので、ニュースで聞いたことあるかもなぁくらいだったのですが、著名な芸能人の方も買っていたようですね。

バブルは2018年には一時崩壊しましたが、2021年にはさらに当時の最高値の3倍を記録しています。

なぜ今、こんなにもビットコインに注目が集まっているのでしょうか。

今回もわかりやすく解説していきます!

 

この記事でわかること
① ビットコインとは何か簡潔に説明できるようになる
② ビットコインのすごいところがわかるようになる
③ ビットコインを買うことができる

 

ビットコインとは

ビットコインとは、「世界で初めてのデジタル通貨」です。

 

こうよう
電子マネーもデジタル通貨じゃないの??

このように思う方もいるかもしれません。

現状僕たちが普通に使っている決済方法は2種類あり、

①現金
②電子決済

です。

現金の場合、お店の店員さんに直接払う、というように、対面で一対一で払います。

一方電子決済の場合は、ネット上で完結できる一方、第三者が必要になります。

クレジットカードを使うには、クレジットカード会社がないといけませんよね。

このように、ネット上で、第三者を介して払います。

これらのメリットを組み合わせ、ネット上で一対一で決済できるのがデジタル通貨であり、ビットコインなんです!!!

 

ビットコインのすごいところ

ではビットコインは通常の貨幣と比べてどのような点で優れているのでしょうか。

大きく分けて3つあり、

①中央管理者がいない
②世界中に送金できる
③発行枚数に上限がある

です。

順番に説明していきます!!

 

① 中央管理者がいない

ビットコインのすごいところ1つ目は、中央管理者がいない点です。

中央管理者は、現状のお金で言うと、中央銀行にあたる存在ですね。

中央銀行は、僕たちが使っている一万円札たちを発行している場所です。

冷静に考えてみてください。
僕たちが普段使っているお札はただの紙です。

なのになぜ、お札を渡すとご飯が食べれたり、人を雇うことができるのか。

それは、みんながお札の価値を信じているからです。

そしてその源泉となっているのが、中央銀行への信用です。

一方でビットコインはブロックチェーンの仕組みを使っているため、みんなで信用を作っていくことができます。

結果として、中央銀行に権力が集中することがなくなります。

 

② 世界中に送金できる

ビットコインのすごいところ2つ目は、世界中に送金できる点です。

今のお金だってできるじゃん、と思うかもしれません。

確かにできますが、当然の如く各国が使っている通貨は違うので、為替をする必要があり、スピードが遅く手数料もかかります。

一方でビットコインは世界共通の通貨なので、そのまま直接送ることができます。

また、世界には貧困のために銀行口座を作れないような人も存在しています。

今の通貨だと銀行を介さないとネットで送金することはできませんでしたが、ビットコインを使うことでいつでも、どんな人にでもお金を送ることができるようになるんです!!

 

③ 発行枚数に上限がある

ビットコインのすごいところ3つ目は、発行枚数に上限がある点です。

これが、とにかくすごいです。

①で今のお金は中央銀行が発行しているという話をしました。

中央銀行は、お金をいつでもいくらでも発行することができます。

実際2000年から2020年にかけての20年間で、発行されている日本円の総額は2倍になっています。

 

こうよう
おお!日本お金持ちになってるじゃん!

いえ。違います。

発行される通貨の量が増えたところで、日本が経済的に成長していない以上、お金の価値は日に日に落ちていきます。

まーるいホールケーキを3人で分けていたのが、子供が増えて6人で分けるようになってしまった、みたいな感じです。

同じ一切れかもしれないけど、その量は以前の半分になってしまっていますよね。

このように、中央銀行が貨幣の量を自由にコントロールでき、いくらでも増やすことができるために、お金の価値がどんどん下がっていってしまうこと、これが今あるお金の最大のデメリットです。

お金の価値が下がっていくことがわかっているなら、未来に向けて投資しようと言う人は減っていきますよね。

今、消費しようとするんです。

結果的に、人々の未来志向が薄れ、今よければいいんだぁっていうマインドセットに陥ってしまうと、世の中はどんどん腐っていきます。

ここで現れた救世主がビットコインなんです!

ビットコインは、発行数があらかじめ決められています。

2,100万枚です。

これ以上ビットコインが発行されることはありません。

また、2,100万枚に至るまでも右肩上がりで発行されていくわけではなく、4年ごとに発行される額が半減していきます。

こうして、未来になればなるほど価値が上がっていく通貨が実現しました。

 

やっしー
ビットコインは便利なだけではなく、既存のお金が持つ問題点をスッキリ解決しているのがすごいポイント!!

 

ビットコインをいますぐ買うには

では実際にビットコインを買うにはどうすればいいのでしょうか。

以下の記事に沿って、JPYC(日本円の値動きに連動したデジタル通貨)を購入し、ビットコインにスワップ(為替)する方法もあります。

【中学生でもわかる】はじめてのNFTの買い方!1時間で1万円から始められる方法をわかりやすく解説!!

が、ただビットコインを買うだけならめんどくさい気もします。

これを機に日本の仮想通貨取引所を開設してみるのをお勧めします!!

とはいえ、僕は未成年。開ける取引所はありません(泣)。

よっておすすめできる取引所もないので、ぜひネットで調べて、自分がいいと思ったところで開設してみてください。

僕のようなミスター未成年は海外の取引所を使いましょう。
個人的には、Binanceが使いやすくおすすめです!

https://www.binance.com/jahttps://www.binance.com/ja

 

今後の展望

ビットコインは、ほぼ間違いなく今後も伸び続けると思います。

なぜなら、ここまで説明してきた通り、超便利でかつ既存のお金の問題点を見事に解決したスーパーなデジタル通貨だからです!

ただ今は価格が変わりやすかったり、決済サービスが少なかったりと言った、問題点も存在しています。

今後普及が進むことで価格が安定し、それに伴い決済サービスも増えていくでしょう。

そして、普及が進む一方で新規の供給量は減っていくので、どんどん価値は上がっていくと考えられます。

ぜひ一度ビットコインを購入してみて、未来のお金の世界に一歩足を踏み入れてみてください!

 

こうよう
ビットコインゲット〜!!チャリーン!!
やっしー
チャチャチャリーン!!!
まとめ
① ビットコインとは、「世界で初めてのデジタル通貨」である
② ビットコインは、中央管理者がいなく、世界中に送金でき、発行枚数に上限があるからすごい!!!
③ ビットコインを買うために、取引所を開設してみよう!!
最新情報をチェックしよう!